Powered by Six Apart

更新ブログ

最近のトラックバック

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月23日 (月)

H26年 風鈴吊り花真弓「紅奴」の接ぎ木作業 城山盆栽同好会々長さん 

風鈴吊り花真弓「紅奴」の接ぎ木作業の見学のため行きました。3本接ぎました。

宗像盆栽協会では、会員を募集しています。

私の愛倍の風鈴吊り花真弓「紅奴」です。

Photo002

Photo001 毎年、100個ほど実が着く、かなり大きい木です。 Photo004 今回の接ぎ木の穂で提供致した穂木です。

Photo005 台木を決めるところです。どれにするかな?

Photo007 これに決まりました。昨年の吊り花真弓です。少しもったいないかもw

Photo015 左端の木を1本目の台木にしました。枝を整理しました。

Photo018 穂木の加工です。

Photo019 加工した枝を確認

Photo020 台木に割接ぎすることになりました。

Photo021 割った台木に穂木を入れています。

Photo022

Photo023

Photo024

Photo025

Photo026 差し込んだところです。形成層が合えばいいなww

Photo027 接いだ部分のテーピングです。接ぎ木テープではなく、水道工事用防水テープを使うそうです。理由は、巻いた後緩まないそうです。防水でき、多少延びるから、形成層がうまく結合するそうです。

Photo028

Photo029

Photo030

Photo031

Photo032

Photo033 5~10mmに切った水苔と粘土を50%の割合で混ぜた土を接ぎ口に巻きつけました。一般的には、水苔だけで巻くのですが、このほうが水持ちが長いそうです。

Photo034 ラップで包みます。

Photo035

Photo036

Photo037 包んだら、水道用テープで止めます。

Photo038

1本目終了です。

Photo039

 
2本目開始です。

Photo041 枝を落としています。

Photo042 不要な枝を落としました。

Photo043

刀を磨いています。上にあるのが穂木です。

Photo046 穂木の加工です。

Photo047

Photo048

Photo049 今度は差し込み式で接ぎます。

Photo050

Photo053

Photo054_2 穂木を台木に差し込んだところです。

 

 

休憩します。

つづく

H26年 盆栽の見学 お宅拝見№3 「もみじの新緑が綺麗です」城山盆栽同好会々長さん 

風鈴吊り花真弓「紅奴」の接ぎ木作業の見学のため行きましたが、その前に一息休憩で、小品盆栽の観賞をさせていただきました。

Photo009

Photo010

Photo011

Photo012

Photo013

Photo014 小品なのに実着きがいいですね。育て方を聞き、メモしました。

前回のラップ巻きで根伏せさせていた木の結果です。

細くて長いものでも良く吹きます。

Photo008

Photo007_2 老爺柿を撮らせていただきました。上はラップを外した直後です。下は針金で背筋を伸ばした木です。育場の節約のため寄せ植えされています。どれも捨ててしまうほど細い木です。

2014年6月15日 (日)

H26年6月14~15日に宗像ユリックスで、盆栽展示をしています。速報

6月14~15日に宗像ユリックスで、盆栽展示品

Img001 当日、宗像盆栽協会が作品と作者のリストをお配りしました。写真は21番から降順で並んでいます。女性会員の作品は、繊細で趣のある作品になっています。

Photo002

Photo003

Photo004

Photo005

Photo006

Photo007

Photo008

Photo009

Photo010

Photo011

Photo012

Photo013

Photo014

Photo015

Photo016

Photo017

Photo018

Photo019

Photo020

Photo021

Photo022

Photo023

会員募集中です。

2014年6月10日 (火)

H26年6月8日盆栽教室の報告。

H26年6月8日盆栽教室の報告

今回の教材です。

Photo004

Photo002_2

 

Photo003

Photo008

Photo009

Photo010

Photo012

Photo013

Photo014

Photo015

Photo016

Photo017

Photo018

Photo019

Photo020

Photo021

Photo022

Photo024

Photo025

Photo026

Photo027

Photo028

Photo029

Photo030

Photo031

Photo033

Photo034

 

 

 

 

 

 

続きを読む »